フィリピン航空、大阪/関西〜セブ線を増便 7月18日より毎日運航

DSC_3209

フィリピン航空は、12月19日から週4便就航している、大阪/関西〜セブ線を、7月18日から毎日運航に増便すると発表しました。

運航するのは、大阪/関西を午後3時40分に出発し、セブに午後7時30分に到着するPR409便と、セブを午前9時15分に出発し、大阪/関西に午後2時40分に到着するPR410便。火・水・土曜の運航が増え、デイリー化します。

機材は、ビジネスクラス11席か12席、エコノミークラス180席から187席のエアバスA321-200型機で運航します。

いずれの路線も、フィリピン航空のみが運航。全便で、全日空(ANA)との共同運航を行っています。

■ダイヤ

PR409 大阪/関西(15:40)〜セブ(19:30)
PR410 セブ(09:15)〜大阪/関西(14:40)

詳細はこちら