農水省、空港に輸出植物検疫カウンター設置 農産物の持ち帰り促進で

keneki

農林水産省は、4月29日に、成田空港第1ターミナルと第2ターミナル、福岡空港に輸出植物検疫カウンターを初めて設置した。また、5月には、羽田空港と成田空港にも設置する予定。

これまでは、農産物を手荷物として外国に持ち出す場合に必要となる輸出検査は、植物防疫所で行ってきたものの、訪日旅行者の国産農産物のお土産としての持ち帰りを促進するため、新たに空港ターミナルに設置する輸出植物検疫カウンターでも、輸出検査の申請の受け付けと輸出検査、植物検疫証明書の発行を行うことにした。

成田空港第1ターミナルは1階南ウイング、第2ターミナルは1階Aゾーン、福岡空港は国際線ターミナルビル3階南側チェックインカウンターMの向かいに設置。羽田空港は国際線ターミナル3階チェックインカウンターL近く、関西国際空港は第1ターミナル北4階北出発口付近に、5月中下旬に設置される。