JAL、東京/羽田〜山形線の搭乗者数が前年比2.6倍に 発着枠政策コンテストで配分

JL

日本航空(JAL)は、1日2便に増便した、東京/羽田〜山形線の搭乗者数が、増便前の2.6倍となったと発表した。

JALグループと山形県が、発着枠政策コンテストに共同提案で応募し、2014年3月30日から増便を実施したことにより増便が実現。提供座席数は前年比200.6%の109,896席となった一方で、有償旅客数は前年比261.8%の74,687人となった。

従来は昼時間帯に1往復であったものの、東京/羽田・山形発ともに朝夕の2往復となったことから、利便性が高まったのに加え、特別記念運賃として、「スーパー先得」運賃を5,050円で設定したことや、搭乗日前日まで予約可能な「特便割引1」を、2015年1月6日搭乗分から11,300円に値下げし、新幹線とほぼ同レベルの価格となったことなどが要因としている。

■ダイヤ
JL175 東京/羽田(08:20)〜山形(09:20) 
JL179 東京/羽田(17:30)〜山形(18:30)
JL174 山形(08:55)〜東京/羽田(10:00)
JL178 山形(19:00)〜東京/羽田(20:05)

詳細はこちら