ホンダジェット、羽田空港に初飛来 5空港で展示やデモンストレーション実施

honda

ホンダエアクラフトカンパニーが製造したビジネスジェット、ホンダジェット(HondaJet)が、4月23日、羽田空港に初飛来した。

ホンダジェットは、標準仕様では乗員1名と乗客5名もしくは乗員2名と乗客4名の定員6名。最大仕様では、定員7名となる。最大巡航速度は時速778キロ(420ノット)で、最大巡航高度は13,106メートル(43,000フィート)。エンジンは、ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下企業との合弁会社である、GE・ホンダ・エアロ・エンジンが製造したHF120エンジンを搭載している。

hondajet

4月25日に仙台空港、26日に神戸空港、29日に熊本空港、5月2日と3日に岡山の岡南飛行場、5月4日に成田空港で展示やデモンストレーション飛行を実施する。 

■関連記事
【フォトレポート】ホンダジェット、羽田空港の記者会見場に到着 
ホンダジェット、仙台・神戸・熊本・岡山・成田でイベント開催 応募を受け付け中