マレーシア航空、クアラルンプール〜フランクフルト線から撤退 経営再建で

マレーシア航空

マレーシア航空は、5月28日クアラルンプール出発便をもって、クアラルンプール〜フランクフルト線から撤退します。

現在、ボーイング777−200型機で、週5便を運航しています。

これにより、マレーシア航空のヨーロッパ線は、アムステルダム、ロンドン、パリ、イスタンブールの4路線となります。

■ダイヤ

MH6 クアラルンプール(23:59)〜フランクフルト(06:40+1)/火・木・金・土・日
MH5 フランクフルト(12:30)〜クアラルンプール(06:25+1)/月・水・金・土・日

詳細はこちら