ANA、国内線で新シートを発表 トヨタ紡織と共同開発

ANA_newseat

全日空(ANA)は、トヨタ紡織と共同で、国内線普通席の新シートを開発した。きょう4月21日、都内で開催した会見で開催した。

共同開発にあたり、ANAのエアラインとしてのノウハウとニーズと、トヨタ紡織の自動車用シートの開発を通して培ってきたデータを活かして新シートを作り上げた。人間工学に基づいて、骨盤をしっかり支持することで腰回りの筋肉の疲労を抑え、小柄な方から大柄な方までリラックスできる姿勢を保持するシート構造にした。素材はファブリック(布)で、ポケットはシート下部に配置。テーブルの飲み物置きは穴が開いている構造。

座席幅は17.5インチ、シートピッチ(間隔)は31インチで、配列は「2-3-2」となる。

2015年6月より導入し、2016年度までにボーイング767−300型機6機の計1,560席に装着する予定。これにより、ボーイング777型機と787型機に加え、767型機でも普通席を刷新することになる。