アパグループ、新宿エリア5棟目のホテル開発用地取得 現在開業の3ホテルは稼働率100%超える

apahotel


アパグループは、東京・新宿区歌舞伎町にホテル開発用地を取得したと発表した。

取得したのは、新宿区歌舞伎町2丁目の約294平方メートルの土地で、14階建て129室のホテルの建設を予定しており、2017年2月の開業を目指すとしている。

東京メトロ副都心線と都営大江戸線東新宿駅から徒歩2分、東京メトロ副都心線・丸ノ内線新宿三丁目駅から徒歩6分、JR新宿駅から徒歩11分の、職安通りと区役所通りが交わる角地に位置する。

これによりアパホテルは、現在運営している、東新宿駅前、新宿御苑前、東新宿 歌舞伎町と、2015年9月に開業予定の新宿 歌舞伎町タワーを合わせて新宿エリアでは5棟目、総客室数は1,447室となる。

■関連記事

アパグループ、みなとみらいに高層ホテル建設 2,400室規模に

アパグループ、幕張でホテルを500室再増室 年間稼働率は93%台

詳細はこちら