年に2回の「ダイヤモンド富士」、鑑賞で鋸山ロープウェーが臨時便

diamondFUJI

鋸山ロープウェーは、4月20日、「ダイヤモンド富士」観賞のための臨時便を運行する。

「ダイヤモンド富士」とは、富士山頂と夕陽が重なる現象で、太陽がダイヤモンドのように美しく輝いて見えることから、そのように呼ばれている。年に2回、富士山の東と西側で見ることが出来、場所により鑑賞できる日は異なる。

鑑賞可能な日時は、同日の午後5時56分から6時16分頃と見られており、気象条件が良ければ、午後6時6分頃に、鋸山山頂駅から鑑賞ができるとしている。

臨時便は、午後5時30分、午後5時45分、午後6時30分発の便となり、山麓駅発の最終便は午後5時45分となる。運賃は大人往復930円、片道500円。 

強風や雨の際は運休となる。

詳細はこちら