ANA、国際線機材の機内Wi-Fi対応を改修計画の変更で延期

ANA Wi-Fi Searvice

全日空(ANA)は、2015年3月までに、ボーイング777-300ER型機19機と767-300ER型機9機(202席仕様)の合計28機で「ANA Wi-Fi Service」の提供を開始する予定だったものの、機材改修計画の変更で延期した。

これにより、2015年3月末の時点では、ボーイング777−300ER型機13機と767−300ER型機8機で改修が終了。残る7機は、2016年3月末を目処に改修を終えるとしている。また、ボーイング787型機にも導入を行い、最終的には国際線で運航する計約60機でサービスを提供する。

さらに、2015年度内にも国内線にもサービスを拡大。ボーイング777−8型機と-9型機、777−200型機と-300型機などの計約100機が対象となる見込み。

「ANA Wi-Fi Service」は、OnAir社とJSAT MOBILE Communications社のシステムを使用している。

■関連記事
ANAもサービス開始!「ANA Wi-Fi Service」をレポート! 手頃な価格でコミュニケーションが可能に!

詳細はこちら