シティグループ、シティカードジャパンの全株式を三井住友信託銀行に売却 ダイナースブランド発行会社

citi

シティグループは、3月31日、三井住友信託銀行に対し、日本でのダイナースクラブの唯一の発行会社である、シティカードジャパン全株式を売却すること合意した。

これには、約74万3000件のカード会員契約が含まれているものの、2015年末を予定している取引完了まで、シティカードジャパンの利用者への商品・サービスについて何ら変更ないとしている。また、シティグループと三井住友信託銀行は、利用者に商品・サービスの継続提供に協力していく事に合意している。

シティグループは、2014年10月14日にグローバル個人金融部門の事業再編を発表。今後日本では、コーポレート・バンク、投資銀行、マーケッツ、トランザクション・サービスに注力し、内外の機関投資家、政府機関、企業に対して、グローバルなネットワークを基盤としたサービスを提供していくとしている。

詳細はこちら