ANAやジェーシービーなど3社、キーホルダー型の電子マネー「ANA QUICPay+nanaco」を発行!

ana_quickpay

全日空(ANA)とジェーシービー、セブン・カードサービスは、「ANA QUICPay+nanaco(エイエヌエイ クイックペイプラスナナコ)」を共同開発し、4月1日より発行を開始すると発表しました。

ANAとJCBは1988年7月より「ANA JCBカード」の発行を開始。また、ANAとセブン・カードサービスを傘下に持つセブン&アイホールディングスは、マイルとnanacoポイントとの相互交換やセブンイレブン、イトーヨーカドーでANAカードを利用するとマイルが貯まるカードマイルプラスをはじめとした包括的な提携をしている。

「ANA QUICPay+nanaco」では、ANA国内線のスキップサービスの他、JCBの後払い型電子マネー「QUICPay」、セブン・カードサービスの前払い型電子マネー「nanaco」の3つのサービスが利用できる。

発行対象となるのは、ANAJCBカードを既に持っている方と新規発行を行う方。ANAJCB法人カードと、ANAJCBスーパーフライヤーズカードは対象外となる。発行手数料は300円。

また、発行開始を記念して、申し込んだ全員にOki Dokiポイント167ポイント(500マイル相当)、7月31日までに1,000円以上nanacoチャージを行うと、nanacoポイント200ポイント(100マイル相当)をもれなくプレゼントする。

今後、国内空港にある「ANA FESTA」で、QUICPayとnanacoでの支払いに対応する。

詳細はこちら