欧州航空安全局、操縦室内に2人を常駐させるよう一時勧告 墜落事故受け

cockpit

欧州航空安全局(EASA)は、3月27日、飛行中には操縦室内に常時2人を常駐させるように求める、一時的な勧告を出した。

ジャーマンウイングス機墜落事故は、操縦室内に一人となった副操縦士が機長を締め出し、意図的に墜落させた可能性が高いと見られており、フランス当局の調査結果が出るまでは、入手可能な情報に基いてこの勧告を出すとしている。

すでに、ジャーマンウイングスを傘下に持つ、ルフトハンザグループも採用する意向を示している。

詳細はこちら