国土交通省、タイガーエア・台湾に外国人国際航空運送事業の経営認可 4月就航へ


tigerair

国土交通省は、タイガーエア・台湾に対し、外国人国際航空運送事業の経営認可を行ったと発表した。

4月2日の就航を予定しており、同社にとって5番目の就航地になるのはほぼ確実となった。

スケジュールは、既に就航している格安航空会社(LCC)のスクート(Scoot)と同様の、台北/桃園を早朝に出発し、東京/成田に昼前に到着。折り返しは、昼ごろに東京/成田を出発し、午後に台北/桃園に到着するものになるとみられる。