アパグループ、名古屋・栄に新ホテル建設へ 市内4ホテルで1,000室超に

apahotel


アパグループは、アパホームが名古屋市から名古屋市中区栄4丁目にホテル開発用地を取得したと発表した。

12階建てで約150室を備えた「アパホテル〈名古屋栄東〉」を建設する計画で、名古屋市内では4棟目となる。これにより、名古屋市内の総客室数は1,000室を超える。

名古屋市営地下鉄東山線・名城線の栄駅から徒歩6分、名鉄瀬戸線栄町駅から徒歩7分の場所で、大手百貨店や高級ブランド店が立ち並ぶ商業エリアや名古屋一の繁華街である錦三丁目にも徒歩圏であることから、ビジネスやショッピングにも最適な立地としている。また、徒歩1分の場所には「アパホテル〈名古屋栄〉」があることから、併設する大浴場やレストラン、駐車場などの共通利用も検討する。

■関連記事

アパグループ、みなとみらいに高層ホテル建設 2,400室規模に

アパグループ、幕張でホテルを500室再増室 年間稼働率は93%台

詳細はこちら