エティハド航空、バグダット・アルビール線運休を4月末まで継続 バスラへ振り替え案内


800x600_1418897220_A380_Etihad_Airways_in_flight

エティハド航空は、保安上の理由により運休している、イラクの首都のバグダッドと、北部のクルド人自治区にある、アルビール(エルビル)へのフライトの運休期間を延長すると発表しました。

両路線ともに、4月30日までの運休を既に決定しており、予約客へは、イラク南東部のバスラへの振り替えを無料で案内。移動費用は利用者負担となる。また、払い戻しは手数料無料で案内している。

■関連記事

エティハド航空、初のエアバスA380型機を受領 リビングとベッドルーム完備の個室も

詳細はこちら