香港エクスプレス航空、2月の搭乗者数が前年比106%を記録 春節効果で


DSC00064
 
香港エクスプレス航空は、2月の搭乗者数が前年比106%を記録したと発表した。

2月18日から3月1日までの旧正月期間のうち、最初の10日間では、124%の成長を記録。高需要であるシーズンに、日本、韓国、台湾、タイ、中国本土に週18便の追加便を運航したことも後押しした。

フライトスタッツ社の調査では、定刻から15分以内に出発した便を示す、定時運航率は82.3%を記録している。

アンドリュー・コーウェン暫定最高経営責任者(CEO)は、「旅客数の飛躍は、当社の戦略の成功を証明するもの。すべての人が空の旅が手頃できる運賃を提供している。」とコメントしている。

詳細はこちら