エティハド航空、アブダビ〜ワシントン線にボーイング787-9型機投入

K66209-01

エティハド航空は、きょう3月15日より、アブダビ〜ワシントン線に、ボーイング787-9型機の投入を開始した。

ボーイング787−9型機は、スイート8席、ビジネスクラス38席、エコノミークラス199席を配置。機材の塗装は新たなものとなっている。

アブダビ〜ワシントン線は、2013年3月に就航。アブダビを出発する際に、アメリカの税関審査と入国審査を受けることが出来るほか、アメリカ国内線への乗り継ぎの場合でも、荷物を最終目的地まで受け取る必要がないサービスを提供している。また、両空港にラウンジも設置している。

エティハド航空のアメリカの就航地は、サンフランシスコ・ロサンゼルス・ダラス/フォートワース・シカゴ・ニューヨーク/JFKを合わせた6都市に、週45便を運航している。

■ダイヤ
EY131 アブダビ(11:30)〜ワシントン(18:45)
EY130 ワシントン(22:50)〜アブダビ(19:45+1)