楽天、ライドシェアサービスを提供する「Lyft」に出資 約364億円

lyft


楽天は、ライドシェアサービスを提供する、アメリカのLyftに出資することで合意したと発表した。3億米ドル(約364億円)を出資し、11.9%の株式を取得する。

楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長は、「Lyftこそが経済の将来型です。人と人とのつながりをエンパワーする(力を与える)ことで、シェアリング・エコノミーはサービス業界を根本的に変え、社会に恩恵をもたらします。個人や社会の潜在能力を引き出すLyftのようなビジネスが、将来へのカギを握っているのです」とコメントしている。

Lyftのジョン・ジマー社長では、「今回の出資を受けることにより、人々とコミュニティをよりよい交通手段でつなぐ、Lyftのビジョンの実現にさらに近づくことができました」と述べている。

今回の資金調達により、Lyftはサービス拡大の継続や米国内外における事業拡大に資金を充てる計画としている。

詳細はこちら