ハワイアン航空、東京/羽田線の機内食リニューアル ハワイ料理やおむすびも

牛肉のカレカレ

ハワイアン航空は、3月1日より、東京/羽田〜ホノルル線の機内食をリニューアルした。

ハワイの風土で独特な進化を遂げた、ハワイ料理の良さを生かしたメニューを考案。ビジネスクラスでは「牛肉のカレカレ」、プレミアムエコノミーとエコノミークラスでは「鶏から揚げむすび」を提供している。

カレカレとは、肉と野菜をピーナッツソースで煮たシチューで、元はフィリピンのポピュラーな伝統料理。今回の「牛肉のカレカレ」には、ピーナッツソースのかわりにカシューナッツソースを用いることで、よりマイルドな味わいを演出している。


鶏から揚げむすび

プレミアムエコノミーとエコノミークラスに導入される「鶏から揚げむすび」は、東京/羽田〜ホノルル便就航以来の人気メニューであった「スパムむすび」をアレンジしたもので、スパムの代わりに、鶏のから揚げを巻くもの。海苔巻きセットと鶏の唐揚げ、卵焼き、漬物が赤・黄・緑の3種類のランチボックスに入っており、日本線でのみ提供する。また、「ロコモコ」も引き続き提供する。

詳細はこちら