2014年10月~12月の欠航率、フルサービスキャリアとLCCの差はほぼ見られず

04

国土交通省は、3月11日、特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係わる情報公開(平成26年10月~12月)を発表した。

発表によると、格安航空会社(LCC)のうち、欠航率がワーストとなったのは、2.82%でバニラエアとなった。天候事由を除くと、春秋航空日本がワーストとなっている。また、全航空会社では、日本トランスオーシャン航空がワーストとなった。

対象となる全航空会社いずれも、欠航率は1.5%から3.5%の範囲内となっており、フルサービスキャリアとLCCとの差はほとんど見られなくなった。

■関連記事

2014年4月〜6月のLCCの遅延率発表、トップはピーチ バニラは大幅改善

2013年7月〜9月のLCC3社の欠航率、Peachは機材繰りでの欠航ゼロに!

詳細はこちら