ユナイテッド航空、全世界のラウンジでサービスを大幅リニューアル 東京/成田のラウンジは改装

united

ユナイテッド航空は、空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」のサービス内容をアップグレードすると発表した。

世界49ヶ所のラウンジで、無料の軽食メニューを一新するほか、インテリアも大幅にリニューアルする。

新たな軽食メニューとして、ギリシャヨーグルト・バー、オートミール・ステーション、プレッツェルクリスプスとパプリカ添えのハマスなどを用意。新鮮で豊富な種類、高い品質にこだわった。シカゴ・オヘア国際空港では既に導入されており、今秋までに、ヒューストン・デンバー・ニューヨーク/ニューアーク・ロサンゼルス・サンフランシスコ・ワシントンでも提供を開始。年内には、全世界の空港ラウンジで提供する。

さらに、販売しているプレミアムワインやビール、スピリッツもアップグレードし、ローラン・ペリエ・シャンパーニュ、トリンチェロ・ファミリー・エステートワインなどを導入するほか、販売用の食事メニューも試験的に開始する。さらに、Wi-Fiを利用した印刷も無料で行えるようにする計画。
  
また、東京/成田のユナイテッドクラブも改装を行うとしている。

※プレスリリースの訂正にともない、修正いたしました。