タイガーエア台湾、日本就航は4月2日に 航空局の認可待ち


tigerair

タイガーエア・台湾は、4月にも東京/成田〜台北/桃園線に就航する計画であることを認めた。同社5番目の就航地になるのは確実となった。

タイガーエア・台湾の広報担当者によると、就航は4月2日からを見込んでおり、就航の申請を国土交通省航空局行っているとした。現在、これ以上の情報を公表する段階にないとしている。

スケジュールは、既に就航している格安航空会社(LCC)のスクート(Scoot)と同様の、台北/桃園を早朝に出発し、東京/成田に昼前に到着。折り返しは、昼ごろに東京/成田を出発し、午後に台北/桃園に到着するものになるとみられる。