インドネシア・エアアジアX、デンパサール〜メルボルン線就航認可 約6ヶ月遅れで

taax

インドネシア・エアアジアXは、3月4日、当局からデンパサール〜メルボルン線の就航認可を得た。

当初は2014年10月に就航する見込みだったものの、民間航空安全局から航空運送事業の経営許可を得られず、加えてインドネシア・エアアジア機の墜落事故などの影響も受けていた。

これにより、航空券購入者はクアラルンプール経由での便への振り替えや、払い戻しを受けていた。さらに、払い戻しシステムの不具合も発生しており、お詫びとして50豪ドル(約4,680円)相当のバウチャーを提供すると発表している。

シドニー・モーニング・ヘラルドによると、3月17日にも運航を開始する計画としている。

詳細はこちら