南海電鉄、訪日外国人旅行者向けイメージキャラクター「関空戦士 ラピートルジャー」誕生!


ラピートルジャーラピート前-

南海電気鉄道は、「クールジャパン」効果で訪日外国人旅行者が増加の一途をたどり、個人旅行の外国人は鉄道を利用する傾向が高くなってることなどを踏まえ、イメージキャラクターを誕生させることを発表しました。

空港特急ラピートをモチーフとしたイメージキャラクター「関空戦士 ラピートルジャー(rapi:tldier)」は、空港特急ラピートのデザインコンセプトである「Retro future」に即し、スピード感と力強さが表現されています。

ラピートのデザインをモチーフにし、顔部分側面の「前照灯」が光るほか、マントには座席シートと同じ柄が採用された。ベルトは駅係員や添乗員のネクタイをイメージし、バックルは南海電気鉄道のコーポレートシンボルを模しています。また側面の車輪は「ホイルカッター」という手裏剣のような武器にもなり、駅係員や乗務員の制服でお馴染みのマークが付けられるなど細部までこだわっています。

「関空戦士 ラピートルジャー(rapi:tldier)」は2月25日から3月1日まで、タイ・バンコクで開催される「TITF(Thai International Travel Fair)#16」でのデビューを皮切りに、国内外で開催される外国人旅行者向けイベントなどに出動し、大阪への旅行・空港特急ラピートの利用を呼びかけます。

デビューに合わせ、特急ラピート1編成の車体に「関空戦士 ラピートルジャー」のステッカーを3月26日から2016年3月31日まで掲出が予定されています。

(画像提供:南海電気鉄道/EX-TRAIN配信記事


詳細はこちら