タイムズカープラス、トヨタ自動車と共同で乗り捨て型カーシェアの実証実験 都内5ヶ所で

times


パーク24とトヨタ自動車は共同で、パーク24が展開する「タイムズカープラス」とトヨタ自動車が愛知県豊田市で実証運用する都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」で活用しているシステムとパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」を組み合わせた、東京初のワンウェイ(乗り捨て)型シェアリングサービスの実証実験を「Times Car PLUS TOYOTA i-ROAD Drive」として、2015年4月10日から9月末までの約6ヵ月間にわたり、東京都心部を中心に実施すると発表した。

商業施設や観光スポット等への移動を中心とする利用状況や、利用者の声をもとにサービスの有用性を検証する。

貸出を行うのは、タイムズステーション有楽町イトシアのみで、東京タワーや浅草、お台場パレットタウン、東京ドームシティ等の計5ヶ所に返却が可能。利用できるのは、「タイムズカープラス」の法人会員と、「TCPプログラム」のステージ2以上の個人会員。初回乗車時のみ事前講習がある。利用料金は15分412円で、最大2時間30分まで。

貸出を行う「TOYOTA i-ROAD」は、リチウムイオン電池を搭載した電気自動車。乗車定員は1名で最高速度は時速60キロ。台数は5台を用意する。

トヨタ自動車は、2012年10月より、交通渋滞の緩和、大気汚染の解消など人にも街にも社会にも優しい移動の実現をめざし、クルマなどパーソナルな乗り物と公共交通機関を連携させる交通サポートシステム「Ha:mo」の実証運用を豊田市周辺の主要駅や公共施設等にステーションを設置し実施している。