ピーチ、マカオ線に就航へ 日本の航空会社として初めて

macauairport

ピーチ(Peach)の井上慎一最高経営責任者(CEO)は、シンガポールで行われた「The Aviation Festival Asia 2015」で、マカオ国際空港の就航の働きかけに対し、日本からの就航を行うことを表明したことがわかった。

マカオを「次のターゲット」としており、ピーチが就航を実現させれば、日本の航空会社としては唯一、日本〜マカオ線に就航する航空会社となる。現在、東京/成田・大阪/関西〜マカオ線を、マカオ航空のみが運航している。

マカオ国際空港は、香港国際空港に比べて発着枠に余裕があるため、発着枠の問題が大きい香港に比べると就航は容易であるものとみられる。一部では、沖縄/那覇発着でバンコク/ドンムアン線への就航も噂されている。

ピーチは、3月中にもアジア新路線の就航を発表する計画。

(写真:マカオ国際空港)

詳細はこちら