アラスカ航空機内に何故か「サソリ」 乗客が刺されて引き返す

WS000022_R

ロサンゼルス発ポートランド行きのアラスカ航空機内で、女性がサソリに刺され、飛行機が空港へ引き返す事件が起きました。現地メディアなどが伝えています。

出没したサソリはその後、客室乗務員の手で駆除されたといい、アラスカ航空のスポークスマンはその時の状況を「乗客は終始落ち着いていた」と語っています。

機内にどのようにしてサソリが紛れ込んだのかは不明ですが、このフライトはメキシコからの経由便だったこともあり、「メキシコから来た乗客の鞄の中に紛れ込んでいたのではないか」と居合わせた乗客は語っています。

偶然この現場に居合わせたオレゴン州立大学のバスケットボールチームの監督は、アメリカのメディアESPNにて「刺された女性はまるで蚊に刺されたかのように傷口を掻いていたけれど、その腕には確かに針が刺さっていました。」とコメントしています。女性はその後治療を受けたのことです。

■関連記事
35キロのブタを機内に持ち込んだ女性に降機命令 排便に抗議殺到で

詳細はこちら