京都・嵐山にスターウッド最高カテゴリの「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル 京都」 3月23日オープン!

spg

スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイドと森トラストグループは、京都・嵐山に、日本初進出となる、スターウッド ホテル&リゾートの最高級カテゴリーブランド「翠嵐(すいらん)ラグジュアリーコレクションホテル 京都」を3月23日に開業すると発表した。

また、総支配人には、赤坂プリンスホテル、ヒルトン東京ベイ、イシン・ホテルズ・グループ、ヒルトン東京などを経て、ウェスティンホテル仙台総支配人、東京マリオットホテル総支配人を歴任した、河本浩氏が就任した。

宿泊予約の受付は、2月27日より開始し、開業記念宿泊プラン「KYO Collection / 京 コレクション」を発売する。開業記念宿泊プランは、宿泊期間は3月23日から9月30日まで、1泊2食付きで2名1室一人あたり49,500円から。消費税とサービス料は別途必要。嵐電嵐山駅、阪急嵐山駅、JR嵯峨嵐山駅より人力車か、京都駅からタクシーでの迎えが付く。

apg2

ラグジュアリーコレクション(The Luxury Collection)はスターウッド ホテル&リゾートの9つのブランドの中で最高級カテゴリーに位置付けられるホテルブランド。世界30ヶ国に85軒を超えるホテルとリゾートを展開している。

同ブランドで日本初出店となる「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」は、世界的観光都市京都の中でも保津川越しに嵐山の絶景を望む自然美の魅力と、世界遺産天龍寺をはじめとする数々の歴史・文化に隣接する類稀な地に誕生。ホテルはこれまで育んできた歴史や文化を守りながら『先人のものを受け継ぎ、発展させながら将来を開拓する』ことを意味する「継往開来」をコンセプトに、京都・嵐山ならではの新たな体験を提供するとしている。

 
嵐山は、世界遺産「天龍寺」や「渡月橋」など数多くの名所・史跡を擁す、格式ある歴史と文化に育まれた地として知られており、「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル 京都」は、保津川や嵐山の稜線を望める立地。
spg3

一枚の屏風絵のように窓一面に嵐山の絶景が広がる部屋や、翡翠色に輝く保津川と渡月橋を一望できる部屋、月見台を有する部屋、畳や専用露天風呂付きの部屋など、多様な客室を揃える。

敷地内には、築100年を超える文化的価値の高い和風建造物を再生したレストランや、保津川を望める甘味処・カフェ、日本庭園を配し、日本文化に現代的なエッセンスを加えた空間と料理を提供する。

spg4

地上3階・地下1階建てで、客室は全39室。露天風呂付スイートルーム4室、露天風呂付特別室2室、露天風呂付和客室12室、標準客室21室となる。露天風呂は嵐山温泉を引いている。

詳細はこちら