看板猫ランキング、1位は1日2組限定”猫おもてなしの宿”の看板猫

cyobi

楽天は、旅行予約サイト「楽天トラベル」で、全国の宿からエントリーされた自慢の看板猫人気投票を実施し、Facebookの「いいね!」数をもとに「看板猫ランキング投票結果」を発表した。

 

最近では、ホテルや旅館を訪れるとお出迎えをする”看板猫”が猫好きの間で話題になっている。

トップに輝いたのは、大分県・湯布院温泉オーベルゼ レ・ボーの看板猫「チョビ」だった。

オーベルゼ レ・ボーは、1日2組限定の”猫おもてなし宿”。チョビひげ模様がかわいい「チョビ」を含め、5匹の猫と自由に戯れることができる宿で、チェックイン後は、部屋の扉を10センチ程度開けておくと、スタッフ猫が次々に訪れ、「遊んで!」とじゃれてきたり、布団で添い寝してくれたりと、猫好きにとって至福の一時を提供している。お客さまの声でも「チョビちゃんの遊びに付き合い、気付いたら一緒のベッドで寝ていました。お互い目を覚まして顔を見合わせたら、すごい音量でゴロゴロいいながらスリスリしてくれて、あまりの愛しさに別れが辛くなってしまいました(笑)」「駐車場で猫たちの歓迎を受け、玄関やお部屋へご案内、かと思うとそのままベッドへゴロン。癒されました。」と多くの宿泊客が満足している。

2位となったのは、北海道のいちいの宿の「ひぐま」、3位は長野の浅間温泉錦の湯池本屋の「チョロ松」だった。


■ランキング
1位:由布院温泉 オーベルゼ レ・ボー(チョビ)
2位:いちいの宿(ひぐま)
3位:浅間温泉 錦の湯 地本屋(チョロ松)
3位:伊東温泉 愛犬と泊まれる宿アップルシード(せら)
5位:ペンション菜の花館(花子)
6位:ビジネスホテル日新館(チュッチュ)
7位:四万温泉 貸切風呂の宿 鍾寿館(みゃあみゃあ
8位:掛川ターミナルホテル(ジジ)
9位:別府温泉 新玉旅館(ミュウミュウ)
10位:HOTEL HOUSENホテル朋泉(ニーノ)

詳細はこちら