タイ・ベトジェットエア、3月にも就航へ カーンエアは株式売却

vj

タイ・ベトジェットエアが、3月29日にも就航する計画であることがわかった。現地の複数メディアが報じた。

タイ・ベトジェットエアは、ベトナムのベトジェットエアとタイのカーンエアが合弁で設立。最初の路線は、バンコク/スワンナプーム〜プーケット線で、2機で運航を開始する計画。今年の終わりまでには、3機から5機体制になる予定。

カーンエアは、保有するタイ・ベトジェットエアの株式の51%を、タイの投資ファンドに売却する計画で、両社の方向性に違いがあったと見られています。

詳細はこちら