フォーブストラベルガイド、東京はマンダリンとペニンシュラが5つ星獲得

5star-1

フォーブス・トラベルガイドは、現地時間2月11日、2015年度の格付けを発表した。57年目を迎える2015年度は、新たに東京を格付け対象に加えた。


マンダリン・オリエンタル東京がホテル部門とスパ部門、ザ・ペニンシュラ東京がスパ部門で5つ星を獲得した。

5star-2

2020年の東京オリンピック開催に加え、円安進行やビザの大幅緩和などの施策で、世界でも注目される旅行先のひとつとなっている東京が新たな格付け対象地域に加わったことは、国内外の旅行者に有益な情報をもたらすとしている。

フォーブス・トラベルガイドは、1958年に創設した5つ星格付けシステムを初めて導入したトラベルガイド。アメリカ、カナダ、ブエノスアイレス、リオデジャネイロ、サンパウロ、ロンドン、北京、香港、マカオ、シンガポール、上海の11都市のホテル、レストラン、スパの格付けを発表していたものの、2015年より対象地域に東京、バンコク、広州、メキシコ、カリブ海を加えた全16都市で、独自の選出システムによる最も優れたホテル、レストラン、スパの評価を行った。

5star-3

その結果、5つ星ホテル115軒、4つ星ホテル336軒、5つ星スパ48軒、4つ星スパ163軒、5つ星レストラン55軒、4つ星レストラン163軒が選ばれた。

詳細はこちら