JR北海道、函館~新函館北斗駅間のアクセス列車の愛称名を「はこだてライナー」に決定!

733-1000エクステリア

JR北海道は、2015年度末に開業を予定している北海道新幹線が発着する新函館北斗駅と函館駅の間を結ぶアクセス列車の愛称名を公募した結果、「はこだてライナー」に決定したと発表しました。

応募総数6,173件、公募第1位は289件で、目的地「函館」と「ライナー」を掛け合わせた愛称となりました。応募された種類は2,692種類で、「函館リレー」「リレーはやぶさ・はやて」「いさり火ライナー」などもありました。

エクステリアデザインは、「新幹線との連携・一体感」と「函館らしさ・北海道らしさ」をコンセプトに、北海道新幹線車両H5系と同様のパープルをメインカラーとして、JR北海道のコーポレートカラーのライトグリーンの2色の帯を車体の側面に入れます。 

インテリアデザインは、「北海道の豊かな自然」と「函館の異国情緒」をイメージ。シートは北海道の草原のイメージからグリーン系、乗降ドア付近はパーティションに北海道の自然を感じる木目調に、ドア部分は函館のレンガ倉庫や修道院を連想させるレンガ色に設定。

環境対応として、客室内照明のLED化。バリアフリー対応として、大型トイレや車いすスペースの設置などを行います。

新函館北斗駅では「はこだてライナー」のホームと新幹線ホームが同一平面にあるため、スムーズに乗り換えができます。

(画像提供:JR北海道/EX-TRAIN配信記事

詳細はこちら