鉄旅オブザイヤー、グランプリは「ななつ星in九州」と「飛鳥Ⅱ」の共演ツアー

tetsutabi

鉄旅オブザイヤー実行委員会は、 日本国内の優れた鉄道旅行を審査・表彰する『鉄旅オブザイヤー』の結果発表及び授賞式を、 2月4日、鉄道博物館で開催した。

第一次審査、第二次審査を経て選ばれたグランプリは、クラブツーリズムの『「ななつ星in九州」と「飛鳥II」夢の競演  大地と海をめぐる豊穣の九州』だった。

企画者の首藤雅江さんは、「ななつ星in九州の列車造成が始まった時から、「ななつ星in九州」と『飛鳥Ⅱ』とのコラボレーション企画をどのエージェントにも先駆けて販売をしたいという強い気持ちで交渉を重ねた」とコメントした。
審査員からは、 「まさに発想力と企画性の勝利。 実績あるプロフェッショナルならではの手配力にも頭が下がります」(井門隆夫氏)、 「人生1度だけの贅沢をと言われたら、 僕はこの旅を選びたい」(オオゼキタク氏)といった、 豪華で本格的な内容とその企画力に対する高評価が目立った。