「あれ?開かない…!?」機長が操縦室から締め出され緊急着陸

デルタ

アメリカ・ミネアポリス発ラスベガス/マッカラン行きのデルタ航空1651便で、機長が操縦室から締め出され緊急着陸するというトラブルが起こりました。英テレグラフ紙ほか各国のメディアが伝えています。

報道によると、トイレ休憩に入った機長が用を足して操縦室に戻ろうとしたところ、自分が締め出されたことに気がついたといいます。操縦室では副操縦士が操縦を続けていましたが、パイロット一人で航空機を操縦し続けることは安全上問題があるため、飛行機は緊急着陸を余儀なくされました。

また、乗客がYouTubeにアップロードした動画には客室で状況を説明するパイロットの姿が映し出されており、身振り手振りをしながら肉声で説明する機長の姿が映っています。これに対してYouTubeのコメント欄では「副操縦士は機長のためにドアを開けることは出来なかったのか?」などといった書き込みがされています。

この珍事を受けて、デルタ航空広報のリンゼイさんは「このような緊急事態でもパイロット一人で着陸させることができ、乗務員もそのように訓練を受けている」と主張しています。

幸いなことに、緊急着陸したこの便は、ほぼ定刻の午後0時30分に通常利用しているマッカラン空港のゲートに到着しました。168人の乗客と機体は無事でした。

■関連記事

着陸態勢で機長の義手が外れるトラブル 手動操縦で無事に着陸

「LCCだけど機長はケチではない!」 米・フロンティア航空機長が乗客160名分のピザを自腹で注文!

詳細はこちら