ANA、東南アジア線ビジネスクラスのサービス拡充 機内食はコース形式に

ana

全日空(ANA)は、東南アジア線のビジネスクラスでサービスを拡充する。

シンガポール、バンコク、ジャカルタ線では、トレーでのサービスを深夜早朝便を除いて取り止め、一品づつサービスする、コース形式に変更する。

このほかにも、ソニー製のノイズキャンセリングヘッドホンや、パジャマウェア、東京西川の枕の貸出も開始する。

日本発の機内食は、”コノシュアーズ”プロデュースの新メニューに更新するほか、シンガポール発はリージェントシンガポールとフォーシーズンズホテル、バンコク発はアナンタラ・サイアム・バンコクホテル(旧フォーシーズンズバンコク)とのコラボレーションメニューを提供する。

■関連記事

ANA、ボーイング787−9型機を5月から国際線に投入 東京/羽田〜ミュンヘン線から

ANA、東京/羽田〜香港線深夜便の運航継続 3月30日から週2便で

ANA、東京/成田〜ホノルル線を増便 7月17日から1日2便に

ANA、東京/成田〜クアラルンプール線開設を発表 9月1日から