ヴァージン・アトランティック航空、日本線撤退 約25年間就航

vs

ヴァージン・アトランティック航空は、2月1日の東京/成田発ロンドン/ヒースロー行きVS901便をもって、日本線の運航を終了した。

既に、1月30日午後5時30分をもって日本語での案内サービスを終了。現在は、イギリス本社での英語対応のみとなる。また、日本語のホームページも閉鎖され、英語のみでの案内に切り替わる。日本支社は閉鎖される。

ヴァージン・アトランティック航空は、1988年に日本支社を開設。翌89年に東京/成田〜ロンドン/ヒースロー線に就航し、約25年以上に渡って運航を続けてきた。東京/羽田への就航が実現せず、収益性が高いビジネス需要の獲得が見込めないことなどから撤退を決めた。

これにともない、共同運航(コードシェア)を行っていた全日空(ANA)は、東京/成田〜ロンドン/ヒースロー線の運航便はなくなった。予約客は、東京/羽田〜ロンドン/ヒースロー線に振り替えを行っている。