ANAホールディングス、ボーイング787−10型機購入の方針 787ファミリー全機種導入へ

ANA_78710_SLD22_272950_PR300_1014

ボーイングと全日空(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD)は、ANAHDがボーイング787−10型機を3機発注する方針だと発表した。

すでに、ANAはボーイング787−8型機と長胴型のボーイング787−9型機を運航しており、計34機を受領。あと46機の納入を受ける計画。ボーイング787−10型機が正式に発注されれば、アジアの航空会社としては初めてボーイング787型機全機種を運航することになる。

ボーイング787−10型機は、従来の同サイズ機と比較して、効率性が25%から30%向上。競合他社機と比較してもあらゆる点で10%以上優れているとしている。

詳細はこちら