ANAホールディングス、エアバスにシャークレット付きA321型機とA321neoを計7機追加発注

A321neo_ANA

エアバスは、全日空(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD)が、従来型のシャークレット付きA321型機4機と、A321neo3機の計7機の追加発注を行ったと発表した。

ANAHDは、2014年7月にも、A320neoを7機とA321neoを23機の計30機の発注を行っている。

シャークレット付きのA321型機とA321neo両機種ともに、日本の航空会社で運航するのはANAが初となる。

詳細はこちら