JAL、定時到着率がアジア・パシフィック主要航空会社部門で1位に ANAは3位

DSC_5305

日本航空(JAL)は、米国のFlightStats社調べによる、2014年1月から12月の国内線・国際線を合わせた運航実績が、アジア・パシフィック主要航空会社部門で1位になったと発表した。

JALの国内線・国際線の定時到着率は87.78%となった。世界全体では4位となり、KLMオランダ航空が88.66%で1位を獲得した。全日空(ANA)は、アジア・パシフィック主要航空会社部門では3位、世界全体では6位だった。

JALは、2013年にもJAL運航の国内・国際線の定時到着率が88.94%、JALグループ便の定時到着率89.75%となり、世界一を獲得している。