エストニアン・エア、ANAと提携検討か タリンへの就航を要請?

estonianair
エストニアン・エアが、全日空(ANA)との提携を検討していることがわかった。Baltic Business Newsが伝えた。

エストニアン・エアは、エストニアのタリンを拠点とする地域航空会社。親会社はスカンジナビア航空で、CRJ900型機3機とエンブラエル170型機4機で運航している。

現在、ANAが就航しているミュンヘンとタリンを結ぶ路線を運航しているほか、パリやアムステルダムなどに就航しているものの、記事によると、「アジアの航空会社がタリンを経由してヨーロッパ各地へ向かうのは効率的」としており、タリンへの就航を働きかけているものと見られる。

詳細はこちら