カタール航空、イタリア線で機材大型化 ローマ線にボーイング787型機投入

12406900945_bb1413b3e9_z

カタール航空は、イタリア線の機材大型化と増便を行うと発表しました。

3月29日からドーハ〜ローマ・ミラノ線、6月16日からドーハ〜ベニス線の機材を大型化し、座席供給量を30%増やします。ローマ線はエアバスA320型機からボーイング787−8型機、ミラノ・ベニス線はエアバスA320型機からA330型機での運航となります。

中東の航空会社では、エティハド航空がイタリアのアリタリア航空に出資し、イタリア路線を充実させています。

詳細はこちら