桃園国際空港でトイレの天井崩壊 40キロのしいたけが原因か?

shiitake

台湾の桃園国際空港のトイレの天井が崩壊し、乾燥しいたけ約40キロが落下してきたことがわかった。自由時報などのメディアが報じた。

天井が崩壊したのは、1月12日午後8時ごろ。第2ターミナルの制限エリアにあるトイレで大量の乾燥しいたけとともに発見された。

天井裏に隠されていた乾燥しいたけの重みに耐えられずに崩壊したものとみられており、中国本土から持ち込まれたのではないかとしている。幸いにもけが人はいなかった。

■関連記事
「世界最悪の空港」1位にイスラマバード国際空港 マニラは3年連続ワースト逃れる
世界一のピアス男、ドバイで入国拒否 「黒魔術師」の疑いで
想定外の方法で1年間毎日ラウンジを利用し続けた中国人男性、航空会社も”お手上げ…”
「機内食はサンドウィッチじゃないと嫌!」パキスタン航空のパイロットがサンドウィッチの到着を待ち、飛行機が2時間半遅延!
「LCCだけど機長はケチではない!」 米・フロンティア航空機長が乗客160名分のピザを自腹で注文!

詳細はこちら