シンガポール航空、東京/成田発着全便をエアバスA380型機に 3月29日から

放水式画像

シンガポール航空は、3月29日より、東京/成田〜シンガポール線の機材を変更し、エアバスA380型機を2便体制にする計画です。これにより、東京/成田発着便全てがA380型機となります。

現在、東京/成田を午後8時50分発のSQ11便と、シンガポールを午前9時20分発のSQ12便にA380型機を投入していますが、シンガポールを午後11時55分発のSQ638便と、東京/成田を午前11時10分発のSQ637便にも拡大します。

SQ638便と637便は、現在、ボーイング777-300ER型機で運航しています。

詳細はこちら