デルタ航空、燃油サーチャージを往復最大14,000円引き下げ 2月発券分から


main


デルタ航空は、2月1日発券分より、燃油サーチャージを値下げすると発表しました。
いずれも往復で、北米線は14,000円、ハワイ線は10,000円安くなります。

すでに、日本航空(JAL)、全日空(ANA)も引き下げを発表しているほか、セブパシフィック航空は燃油サーチャージの撤廃を発表しています。

■燃油サーチャージ額(2015年2月以降発券分/片道)
・日本〜北米 21,000円⇒14,000円
・日本〜ハワイ 13,500円⇒8,500円
・日本〜タイ・シンガポール 10,500円⇒6,500円
・日本〜ミクロネシア・フィリピン 6,500円⇒4,000円
・日本〜中国・台湾 5,500円⇒3,500円