キャセイパシフィック航空、マンダリン・オリエンタルホテルとコラボ 東京/羽田線でも提供

cx_mandarin

キャセイパシフィック航空は、マンダリン・オリエンタルホテルグループとの共同開発の機内食を、香港〜東京/羽田・ロンドン・パリ・ニューヨーク・サンフランシスコ・ボストン線のファーストクラスで提供すると発表した。12月末まで、1ヶ月単位で順次提供される。

cx_1

東京/羽田〜香港線では、6月の香港発と8月の東京/羽田発は夏メニュー、10月の香港・東京/羽田発は秋メニュー、12月の東京/羽田発は冬メニューを提供する。

cx_4

キャセイパシフィック航空とマンダリン・オリエンタルホテルグループは、2014年8月にも、香港〜ロンドン線で特別メニューを提供。今回のコラボレーションでは、旬の食材を採り入れ、化学的分子料理法や低温料理法といった伝統的かつ最先端の調理法を駆使。アジアの伝統と旅客の要望を巧みに取り入れ、最上級クラスの乗客にふさわしいユニークな機内食を提供するとしている。
cx_3

今回の機内食プロモーションの第1弾は、香港発ロンドン行きとパリ発香港行きが対象。ライフラワーの花びらと金箔が入った特製ティーバッグが添えられた濃厚なコンソメ、5種類の香辛料で繊細な風味を加えた伝統的なチキンとマッシュルーム、フォアグラのプレッセなどが提供される。