JR東日本、近距離特急や一部新幹線での車内販売を廃止 グリーンアテンダントも一部で終了

_MG_0594

JR東日本は、3月13日をもって、在来線特急「フレッシュひたち」「成田エクスプレス」と、新幹線「なすの」「たにがわ」「つばさ」の山形~新庄間で車内販売の営業を終了すると発表しました。

乗車前にコンビニなどで購入する乗客が増えたことや、割高であるという点から利用者が減少しており、すでに房総特急などを中心に車内販売を廃止しています。

また、「フレッシュひたち」は廃止され、3月14日以降は「ときわ」となりますが、車内販売は行いません。

また、新幹線「はやぶさ」「はやて」「こまち」で実施している、グリーン車乗客へのサービスを専門に行うグリーンアテンダントによるサービスも、3月13日をもって終了します。

(写真:EX-TRAIN)

詳細はこちら