エアライン安全度ランキング、トップはキャセイパシフィック航空 ANAは11位に

P1000016

ドイツのJACDEC(“Jet Airliner Crash Data Evaluation Centre)は、2015年のエアライン安全度ランキング(JACDEC AIRLINE SAFETY RANKING 2015)を発表した。

トップとなったのはキャセイパシフィック航空で、昨年より1つ順位を上げた。昨年トップだったニュージーランド航空は6位と大きく順位を下げた。

2位以下は、エミレーツ航空、エバー航空、エア・カナダ、KLMオランダ航空、ニュージーランド航空、カンタス航空、海南航空、ジェットブルー航空、エティハド航空、全日空(ANA)、ルフトハンザ・ドイツ航空となっている。

なお、昨年3位のフィンランド航空と6位のブリティッシュ・エアウェイズ、7位のTAPポルトガル航空はすでに発表されている12位までには入っていない。