2014年エアライン別定時発着率、JALが9位に OAG調査

P1000022

OAGは、2014年のエアライン別の定時発着率の調査結果を発表した。

エアライン別では、エア・バルティックが94.9%でトップ。2位はハワイアン航空で92.3%、3位はオーストリア航空で90.0%となった。また、日本航空(JAL)が88.8%で9位、全日空(ANA)が87.3%で15位となっている。

さらに、格安航空会社(LCC)のみを比較すると、ノルウェー・エアシャトルが89.7%でトップ。以下は、タイ・エアアジアが88.7%で2位、イージージェットが87.7%で3位となった。また、ジェットスターは83.1%で9位、エアアジアは79.9%で13位、スカイマークは75.3%で17位、春秋航空は58.3%で20位となっている。

詳細はこちら