2014年定時発着率、中規模空港部門で伊丹空港トップ 大規模空港では羽田が2位に

kix

OAGは、2014年の空港別の定時発着率の調査結果を発表した。

エアラインと大中小規模空港、地域別にそれぞれ発表しており、小規模空港部門ではイギリスのブリストル空港が94.4%、中規模空港部門では伊丹空港で93.2%、大規模空港部門ではミュンヘン国際空港が89.0%でそれぞれトップとなった。

日本の空港のみを見ると、各部門で20位以内に入ったのは他に、中部国際空港が87.8%で小規模空港部門で16位、那覇空港が81.4%で中規模空港部門で17位、羽田空港が87.9%で大規模空港部門で2位となった。

詳細はこちら