ピーチ、国内外で拠点化進める考え 首都圏や札幌/千歳など候補

Peach_Aviation 

ピーチ(Peach)が、新たな拠点化を進める考えを井上慎一代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)が明かした。日本経済新聞電子版が伝えた。

首都圏や札幌/千歳、ソウル/仁川、ホーチミン、バンコクなど国内外の空港を中心に検討しているとしており、大阪/関西、沖縄/那覇に次ぐ第3ハブとしたい考え。

国内の格安航空会社(LCC)では、ジェットスター・ジャパンが大阪/関西の第2拠点化を急ピッチで進めており、2月からは香港線に就航する計画。バニラエアは、昨年7月の社長インタビューで、第2拠点の検討はまだとコメントしている。

■関連記事
バニラエア、石井知祥社長単独インタビュー(上)(中)(下)

詳細はこちら